医学部予備校を選ぶ時は、特に講師を見て選ぶ事が重要です

具体的にどうやって先生達をチェックしたらよいか

大学の医学部に合格するのは至難の業です。
その為合格するには予備校に通うのが近道ですが、どこを選んだらよいか分からないという人も少なくありません。
特に医学部は他の学部よりも偏差値が高い所が多く、私立でも偏差値が軽く60を超えて来る所も多いです。
その為予備校選びは非常に重要です。
そこでどうやって数ある所から1つ選んだら良いかというと、講師陣を見て選ぶという事が最も有効です。
では具体的にどうやって先生達をチェックしたらよいかを詳しく見ていきましょう。
まずプロフィールを見るという点です。
どの予備校も授業を行う先生のレベルは高く、自信を持っている所も多いです。
その為自信のある所はしっかりとプロフィール欄があり、そこに先生達の経歴等が詳しく載っているので、それをくまなくチェックすると良く分かります。
逆にプロフィール欄がなかったりするような所は、アルバイトを雇っていたり非常勤だったりする事が多いので注意が必要です。
これから行こうとしている所がそういう所の場合は、すぐに決めないで一度体験授業や見学会に参加してみるというのも悪くありません。
プロフィール欄で特にチェックしておきたい所は学歴です。

代ゼミの山本先生が書かれているブログ。
私立医学部を目指す受験生への「予備校の選び方」がとても参考になります。
http://ameblo.jp/yamamotosensei/

— メルリックス学院 (@melurix2011) February 8, 2011

具体的にどうやって先生達をチェックしたらよいかまずは学歴をチェックしておきましょう非常勤ではなく常勤講師が沢山いる所を選ぶというのも大切